メンズ向け

面倒臭いヒゲの処理から卒業したい!話題のヒゲ脱毛を徹底解説

面倒くさいヒゲの処理から卒業
oxy
oxy
毎日のヒゲの処理って本当に面倒臭い。
ヒゲ脱毛に興味はあるけど、実際のところどうなんだろう。

剃刀や電気シェーバーによる毎日のヒゲ剃り。
ヒゲが濃い人になると日中にも剃らないといけないほどのようです。
そんな面倒臭いヒゲの処理から卒業できるのが、今話題のヒゲ脱毛。
この記事ではヒゲ脱毛とはどんなものか、またメリット・デメリットまで徹底解説します。

解説ポイント
  • 面倒なヒゲの処理をヒゲ脱毛なら解決できる
  • ヒゲ脱毛をするならレーザー脱毛がオススメ
  • ヒゲ脱毛をすれば時間の節約はもちろん、美肌効果も期待できる

毎日のヒゲの処理から1日でも早く開放されたい人は、この記事を読んで解決していきましょう。

ヒゲの処理が面倒臭い理由

ヒゲの処理が面倒臭い理由
男性にとってともかく面倒臭いヒゲの処理。

なぜヒゲの処理はこんなにも面倒なのか、理由は大きく3つです。

ヒゲの処理が面倒な理由
  • 朝の貴重な時間を奪われる
  • 昼間もヒゲの処理をする必要がある
  • 休日だからといって油断ができない

これについて詳しく解説します。

ヒゲ脱毛何回で効果を満足できるか
【ヒゲ脱毛】何回で脱毛効果に満足できる?【メンズ脱毛】 ヒゲ脱毛に興味がある男性は多いですが、何回の施術で、どのくらいの効果を得られるのでしょうか。 この記事では、脱毛方法別に、...

朝の貴重な時間を奪われる

出勤前のサラリーマンにとって朝の時間はともかく貴重です。
そんな貴重な時間を髭剃りで10分近く拘束されることは、大きなストレスになります。

また単純計算をしても1日10分髭剃りに時間を使うということは、年間で約60時間、10年で600時間を髭剃りに使っているということ。

600時間あれば単純に時給1,000円の仕事でも60万円を稼ぐことができますし、勉強の時間などにあてれば1つのスキルを習得することもできます。
それくらい貴重な時間をヒゲの処理に奪われているということです。

昼間もヒゲの処理をする必要がある

ヒゲが濃い人は昼間にもヒゲを剃る人が多いよう。
朝ヒゲを剃っても午後には伸びてきてしまい、仕事に支障がでてしまうからです。

青ヒゲや伸びた無精髭は、見た目の印象に関わってきます。
営業や販売員などのセールスの仕事の人だけでなく、社内の同僚に対しても伸びたヒゲの印象は決してよくありません。

とはいえ、昼間にも剃るということは電気シェーバーなどを職場に持参する必要もあり、サラリーマンにとってはかなり面倒臭い作業と言えます。

休日だからといって油断ができない

面倒臭いヒゲ剃りを休みの日だけはサボってしまおうと思う人も多いはず。

朝伸びたヒゲを放置して過ごすのはわりと気分が良いもの。

ところが地元でバッタリ知り合いにあったり子供の友達にあったりと、「あちゃー、ヒゲ剃っておけばよかった…」と思うことが多々あると思います。

結果的に、休みだからといってヒゲを剃らないわけにはいかないなぁと思い、その面倒くささに肩を落としている方もいるでしょう。

ヒゲの処理は大人の男性にとって切っても切れないものなのです。

面倒臭いヒゲの処理をヒゲ脱毛で解決

面倒臭いヒゲの処理をヒゲ脱毛で解決
男性にとってヒゲの処理がいかに面倒臭いか、改めてお分かり頂けたかと思います。

  • もしこの面倒臭い作業が人生からなくなったら、どれだけのストレスから開放され、どれだけの時間を手にれられるでしょうか。
    それを叶えられるのが近年専門店が急増しているヒゲ脱毛です。

とはいえ男性にとって脱毛という言葉は身近ではないため、ピンとこない人も多いのでは。

ここからはヒゲ脱毛がどんなものなのかを、分かりやすくご説明します。

ヒゲ脱毛とは何なのか

脱毛とは発毛のもととなる毛乳頭にレーザーでダメージを与えることで、発毛の働きを止める技術です。

    li>ヒゲ脱毛では顎・鼻下・頬などのヒゲが生えてくる部分にレーザー照射をすることで、徐々にヒゲが抜け落ちて脱毛することができます。

特に医療機関での脱毛では永久脱毛をすることができますので、面倒臭いヒゲの処理とお別れすることも。

ヒゲ脱毛の種類

ヒゲ脱毛には「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2種類があります。
この2つの違いを解説します。

レーザー脱毛
  • 高い出力数の医療機器によって脱毛を行う
  • 医師免許保有者のみが施術可能
  • 美容外科やクリニックなどの医院で脱毛可能

出力数が高いので施術中はかなりの痛みを伴いますが、麻酔によって痛みを緩和することことができるのは医院ならでは。

1回あたりの費用は高くなりますが、万が一のトラブルがあっても医院なら安心です。

>>レーザー脱毛は何回で効果を実感できるのか

光脱毛

医師免許がなくてもできる光脱毛は、主にエステサロンなどで受けることができます。
レーザー脱毛よりも出力数が低いため痛みは軽減されますが、同時に脱毛効果も落ちてしまうのは残念なところ。
脱毛周期に合わせて2〜3ヶ月に1度のペースで通いますが、効果を実感するまで2〜3年かかることも多いです。
そのため、トータルの費用ではレーザー脱毛よりも高くなる場合も。

光脱毛ランキング
【メンズ脱毛】光脱毛ランキング!【コスパ抜群】 サロン選びに難航していませんか? この記事では、どの脱毛サロンに行こうか迷っている人のために、おすすめのサロンをランキング形式...

それぞれにメリットとデメリットのある2つの脱毛ですが、次の3つの理由からオススメは圧倒的にレーザー脱毛です。

  1. 医療機関ならではの高い脱毛効果
  2. トータル費用が光脱毛より安い
  3. 医師によるサポート大切の安心感

ちなみにレーザー脱毛は痛みがかなり大きいですが、麻酔のケアでかなり軽減できます。
どちらにしても安くはないため、メリットの大きいレーダー脱毛がオススメです。

ヒゲ脱毛の金額相場

もちろんお店によっても金額は異なりますが、ヒゲ脱毛は次の3つのポイントによって金額が変わってきます。

  • レーザー脱毛か光脱毛か
  • 脱毛する部位
  • 回数

例えば顎と鼻下だけなのか、頬や首も脱毛したいのかによっても変わりますし、ツルツルにしたいのか、ある程度ラクになれば良いのかによって回数が変わります。

それを踏まえて大まかな相場の料金は下記の通りなので、参考にして見てください。

ヒゲ脱毛の相場金額
  • レーザー脱毛 / 10回 / 14万〜20万円
  • 光脱毛 / 20回 / 16万〜30万円

※ヒゲ全部位(鼻下・顎・顎下・もみあげ・首)を脱毛した場合の料金です。

相場金額からも分かるように、レーザー脱毛は回数と費用を抑えながらも高い効果を期待することができます。

ただ痛みや麻酔にどうしても抵抗があるという方は、光脱毛という手段もありでしょう。

ヒゲ脱毛のメリット

ヒゲ脱毛のメリット
ヒゲ脱毛をするとヒゲの処理がなくなり面倒臭いことから開放される以外に、副産物としてたくさんのメリットがあります。

時間を有効利用できる

冒頭にお伝えした通り、朝の10分という時間を有効活用できることは大きいです。

  • 10分長く寝るという選択肢もあれば、できるビジネスマンの方は朝活の時間を20%増やすという考えもあるでしょう。
    また、万が一寝坊してしまった時なども、ヒゲ剃りをどうするかという判断の迷いすらなくなるのがヒゲ脱毛の最大のメリットです。

見た目の印象がよくなる

青ヒゲや無精ヒゲというのは、ともかく女性からの印象が悪いです。
ちなみに「ヒゲがある人ってダンディでカッコイイ」と言われていた時代もありますが、現代女性でヒゲ=カッコイイと思っている人は10%未満だそう。

それくらいヒゲは見た目の印象にも大きく影響しています。
またカミソリ負けなどによる肌荒れに悩んでいた方は、カミソリを使わなくなることで肌がキレイになることが期待できます。

お金がかからなくなる

電気シェーバーも高額なものになれば5万円近くしますが、5年に1度は新しいものに替えている人も多いのでは。

またカミソリを使っている人も毎日のカミソリ代やシェービングクリームなど、毎日必ず使うものなので、実はヒゲの処理には意外に出費をしているものです。

ヒゲ脱毛をしてしまえばこの費用も一切かからなくなると考えると、考え方によっては初期投資のもとも取れてしまいます。

ヒゲ脱毛のデメリット

ヒゲ脱毛のデメリット
もちろんヒゲ脱毛をする上でデメリットもありますのでご紹介します。

何かにチャレンジするということは、必ずメリットとデメリットがあるのです。

初期投資がかかる

先ほどお伝えした通り、料金としては15万〜30万円の金額がかかってくるヒゲ脱毛です。

決して安くない金額に戸惑う人もいるかと思います。

  • 実際には分割ローンなどの決済方法も用意されているため、月に数千円という金額で積み重ねている方も多いです。

またこれから先も生涯かかる電気シェーバーやカミソリ、シェービングクリームなどの金額を考えれば、リターンもあるのがヒゲ脱毛です。

2度とヒゲが生えてこない

当然ですが、一度ヒゲ脱毛によってツルツルな状態にしてしまったら、その後またヒゲを生やそうとしてもできません。

いい年頃になってきたらダンディなお父さんを目指してヒゲを生やすかもしれないな、と思う人はよく考えてから始めるべきでしょう。

とはいえ、時代の流れを考えればヒゲ脱毛をしていく人口は間違えなく増えていきますので、臆病になる必要な全くありません。

医院に通う必要がある

当然ですがヒゲ脱毛をするとなれば一回の脱毛で終わりというわけにはいきません。

比較的頻度の少ないレーザー脱毛でも10回ほど、つまり1年間ほどは医院に通う必要があります。

もちろん痛みは伴いますが、慣れてこれば歯医者や美容院に行くのと同じような感覚で行けますので、大きな負担にはならないでしょう。

面倒臭いヒゲの処理のまとめ

面倒臭いヒゲの処理のまとめ
男性にとって切っても切れないヒゲの処理。
本当に面倒臭くて、この作業がなくなればどんなにラクかと思う人も多いでしょう。

本当にそんな人の望みを叶えてくれるのが、ヒゲ脱毛です。
脱毛は痛みもありますし、費用もかかりますが、リターンを考えれば決して高い買い物ではないとも言えます。

これからの人生をノンストレスで生きていくためにも、ぜひヒゲ脱毛も検討してみてはいかがでしょうか。

この記事によって、あなたがより明るく前向きな人生を送ることを願っています。

脱毛をやる前に知っておきたいデメリット情報は下記の記事で詳しくまとめています。

脱毛によるデメリット
【メンズ脱毛】やる前に知っておきたい脱毛によるデメリットとは? メンズ脱毛が徐々に支持されていますが、デメリットといえばどのような点なのでしょうか。 この記事では、脱毛のデメリットだけで...